最新情報、ホルモン療法によるペニス増大

最近の情報では、男性にも更年期障害があるということが発表されています。
これは、男性ホルモンが加齢とともに下がることで、LOH症候群と言われるホルモン低下症が起きるからです。
このLOH症候群の自覚症状は疲労感・抑うつ状態・筋肉の減少・性欲低下・勃起障害(ED)などがあります。
このような男性ホルモン低下の治療で、ホルモン療法というものがあります。
このホルモン療法で代表的なものは、男性ホルモンであるテストステロンを補う治療法です。
男性ホルモンであるテストステロンは10代から20代にピークを迎えますが、30代以降は低下します。
このことが、男性更年期障害の引き金になります。
減ったテストステロンを補うのがホルモン療法です。
ホルモン療法により、筋肉の増強や疲労感の低減、やる気の充実などの効果を得ることができますが、それ以外にも効果があります。
それは、性欲の増進です。
男性ホルモンであるテストステロンを若いときの状態に近づけるホルモン療法を行うことで、当然のことながら性欲も増進します。
最新情報では、その結果の副産物として勃起障害(ED)にも効果を発揮することが言われています。
さらに、性欲が増進するとともにペニス増大にも効果を発揮します。
男性ホルモンであるテストステロンは10代から20代がピークですが、そのころに男性のペニス自身が成長するペニス増大時期でもあります。
ですから、ペニスが成長するためには男性ホルモン(エストロゲン)が不可欠です。
ホルモン療法により、男性更年期障害を治療することが可能ですが、と同時にペニスも若い時と同じように成長します。
本来は男性更年期障害の治療としてのホルモン療法ですが、最新の情報では性欲の増進やペニス増大を狙った治療としても有名です。